愛知・岐阜で【本物の自然素材の家・無垢の家】にこだわりをもった家族の健康と幸せを考えた家づくり、本物の自然素材と無垢の木で、エネルギーロスの小さいエコで健康・安全・快適な住宅性能力が高い高断熱・高気密な注文住宅、リフォームをご提案しています。【ごきげんハウス 無垢家Style Naturaシリーズ】の【ハウスクリエイト】

新築一戸建て・注文住宅・無垢な素材でつくる】自然素材の家、無垢材の家(愛知・名古屋・岐阜)の工務店なら【ハウスクリエイト】にお任せください

本物の自然素材

本物の自然素材・無垢材

意味のある″確かな材″と吉野桧


確かな材



確かな材を使う
目先の事だけを考え「安いから使う」、「簡単だから使う」というのは避けなくてはなりません。暮らして何年、何十年になっても「心地よさ」、「居心地の良さ」を感じられる、意味のある“材”を使いたいと考えています。


琉球の塗壁-《沖縄生まれの人と環境にやさしい塗り壁》


珊瑚の塗壁


琉球の塗り壁
沖縄に由来する成分から誕生した塗り壁材です。琉球石灰岩から生まれた「勝連
トラバーチン」からは断熱と空気浄化機能、沖縄のきれいな海で生涯を終えた「風
化造礁珊瑚」からは臭いを吸着する効果、そして琉球村落の白い道の材料であっ
た「コーラル」にはすぐれた調湿効果…。3つの主成分から様々な恩恵を受けた
自然素材です。

ヘルシーミネラル ≪樹脂や化学物質を含まない塗壁≫


ヘルシーカラー



樹脂や化学物質を含まない塗壁
ヘルシーカラー
99%天然成分でできており、空気をきれいにする上、自然素材では困難
だと思われていた洋風の色合いが可能になりました。


飫肥杉-《仕上げに一工夫した自慢の内装材》


飫肥杉



飫肥杉について
飫肥杉
宮崎県日南の杉は「飫肥杉」として全国的に知られていますが、 その発祥は今から370年も前の元和時代、藩の財政を助けるために植林されたのが始まりです。油分が多く腐りにくい飫肥杉は江戸時代には主として船を造る弁甲材として、また建築材として使われ、全国から注文を受けていました。その後飫肥杉は造林を重ね、明治、大正、昭和にかけて黄金時代を築きました。 今では山々に美しい杉が林立し、飫肥の景勝となっています。


飫肥杉の特徴
飫肥杉の特徴は、樹脂を多く含んでいる為弾力性があり、湿気に強く腐れにくく、曲げに耐え加工しやすい材質です。また、裂けにくい、折れにくいに加え衝撃や揺れに強く、芯材(赤身部分)については、シロアリに侵されにくく耐久性があります。


ハウスクリエイトが使う飫肥杉へのこだわり
実は生産地がはっきりしない海外の木材の中には、輸入する時に木材の中の害虫や細菌を殺す為に強い薬剤で消毒をされているものがあります。 食品に対する農薬が問題となっていますが、室内で使う木材も直接肌に触るので、そんな場所に消毒剤の含まれている材料は使いたくはありません。
飫肥杉
この飫肥杉は無農薬なので安心して手が触れる床材・壁天井材にたっぷりお使いいただけます。
特に飫肥杉の床材は節の殆ど無い材料を「特殊な乾燥方法」で加工して、「浮造り床板」や「リブ加工板材」といった意匠性の高い材料に仕上げています。 節の殆ど無い材料は、10枚に1枚しか取れないという希少価値の高い材料でもあります。