愛知・岐阜で【本物の自然素材の家・無垢の家】にこだわりをもった家族の健康と幸せを考えた家づくり、本物の自然素材と無垢の木で、エネルギーロスの小さいエコで健康・安全・快適な住宅性能力が高い高断熱・高気密な注文住宅、リフォームをご提案しています。【ごきげんハウス 無垢家Style Naturaシリーズ】の【ハウスクリエイト】

新築一戸建て・注文住宅・無垢な素材でつくる】自然素材の家、無垢材の家(愛知・名古屋・岐阜)の工務店なら【ハウスクリエイト】にお任せください

高断熱・高気密なハウスクリエイトの家

高い断熱性が生みだす快適で安全な空間
夏涼しく冬暖かい”そんな住まいの基本は断熱と気密にあります。「断熱や気密を高める」というと、“自然”“環境”“健康”とそれらのテーマと対峙するかのように思われますが、それは大きな誤解です。自然の風や光、熱を取り込み、それらを最大限に活かすには、まずは断熱気密計画がしっかりできていることが重要であり、「断熱」と「気密」は一体です。
断熱と気密を高めることは、暖冷房による消費エネルギーの削減となり、環境にも家計にも優しくなります。
ヒートショック:急激な温度変化による身体が受ける影響のことです。
ヒートショック対策

急激な温度変化による身体が受ける影響のことです。入浴中の急死の理由のほとんどが「お風呂場と脱衣室」の温度差が原因とされています。建物内の温度を24時間一定に均一にしヒートショックを抑制することが健康的な生活環境として必要不可欠になっています。
結露の正体は空気中の水蒸気
結露の防止

結露の正体は空気中の水蒸気。カビの発生やダニの生息などの温床になり、健康にも悪影響を及ぼしかねません。木は呼吸し調湿機能をもっているため、木をふんだんに使用した室内は結露が生じにくく快適な環境を保ちます。
高い断熱性は住む方の健康と、木材の乾燥保持で住宅本体の耐久性を高め、長寿命の住まいとなります。環境や健康に大いに貢献し、次世代に引き継ぐ住まいをつくることとなります。
断熱窓
屋内と屋外の狭間にある存在の、屋根・換気・外壁・床・窓。
その中でも、圧倒的に熱損率が高いのが「窓」です。
ハウスクリエイトの家では、暖房熱の最大の逃げ道である「窓」から、室内の熱を逃げにくくし快適な室内環境にするためペアガラスを採用します。
断熱窓Low-Eペアガラス
Low-Eガラスの「Low-E」は、Low Emissivityのことです。「低放射」という意味で、一般的な1枚ガラスが放射率0.85程度ですが、Low-Eガラスは放射率が0.1以下になります。この放射率が低ければ低いほど赤外線を反射させ、熱を通しません。
ペアガラスとは、その名の通りガラスを二重にしたものです。
空気の熱伝導率が低いことを利用して、2枚のガラスの間に乾燥した空気を密閉し断熱性を高めたもので、結露しにくいのが特徴です。ガラスの断熱性が高ければ冷暖房の効きも良いため、省エネ効果も期待できます。

断熱材には断熱性・気密性に優れた「ウールブレス」
・発砲ポリウレタンフォーム「アイシネン」・高性能グラスウール・
最高クラスの断熱性能「フェノバボード」を使用、
<アップグレード>:セルロースファイバー

ハウスクリエイトの断熱材

人にも環境にもやさしい断熱材「ウールブレス」・発砲ポリウレタンフォーム「アイシネン」・「高性能グラスウール」・最高クラスの断熱性能「フェノバボード」。羊毛を使用したウールブレスは調湿性に優れ、カビやダニの発生を抑えます。発砲ポリウレタンフォームの断熱材、アイシネンは水で発泡させるのが特徴。気密性が高く、ホルムアルデヒドを発生させない安心の断熱材です。内部結露も起こりにくく、非常に耐久性の高い素材として注目されています。また、防音性や吸音性にも優れており、外部の騒音を防いだり、生活音が漏れ出るのを防いだりする効果もあります。
高性能グラスウール 16K、20K 
木造住宅は、柱の厚みの分だけ壁の中は中空になっています。そこを無駄にせず、断熱材を充填することが合理的です。
充填する繊維系断熱材は、空気を閉じこめた層をつくり布団のように保温します。
高性能グラスウールは、一般のグラスウールより繊維が細かく、保温性の高いタイプです。
最高クラスの断熱性能「フェノバボード」
熱伝導率が空気よりも低い0.019W/m・Kである最高ランクの断熱性能の断熱材。
JIS A 9511のホルムアルデヒド放散区分で、最も放散量の小さいF☆☆☆☆等級であり、内装の面積制限を受けずに使用できます。
フェノバボード



<アップグレード> セルロースファイバー 55k 

セルロースファイバー 

セルロースファイバーは、古新聞からの再生された素材なので、製造時のエネルギーが桁違いに少なく環境にやさしい断熱材です。
もともとの原料は木になります。細かな繊維が絡み合い、繊維の中にも木の細胞壁が残っているので音を伝えにくく、木質繊維特有の吸放湿性で適度な湿度を保ちます。

ハウスクリエイトの「無垢家Style Naturaシリーズ」[基本性能]
Q値1.5~2.0W/㎡K(参考:次世代省エネ基準は2.7W/㎡K)※[Natura liberta]、[Natura eco]、[Natura vita]
μ値0.05以下(参考:次世代省エネ基準は0.07以下)※[Natura liberta]、[Natura eco]、[Natura vita]
C値1.0 ㎠/㎡ 以下  ※[Natura liberta]、[Natura eco]、[Natura vita]
年間エネルギー消費量約40GJ(4人家族設定)※愛知、岐阜県の平均の半分以下
UA値0.55W/㎡K以下〜0.75W/㎡K以下(参考:平成25年省エネルギー基準 岐阜、愛知5、6地域は は0.87W/㎡K以下)※[Natura liberta]、[Natura eco]、[Natura vita]
ηA値 1.6以下 〜 2.3以下 (参考:平成25年省エネルギー基準 岐阜、愛知5、6地域は 3.0、2.8 )※[Natura liberta]、[Natura eco]、[Natura vita]
換気計画
高断熱・高気密住宅には不可欠な換気計画

計画的な換気とは居室だけではなく収納や小さな空間まで、室内すべての空気を動かすことであり、これを実現する為に私たちは第三種換気・ダクト式第三種換気・第一種換気を採用しています。設定した吸気口からホコリや花粉などはもちろん最近問題となっているPM2.5レベルの微粒子等を除去した新鮮な空気の取り入れ、ダニの繁殖原因となる埃や過剰な湿気等の人体や建物にとって有害となる物質の排出を効率よく行い快適な室内環境を提供いたします。第1種セントラル換気(ダクト式)
※火のある所に必ず水蒸気が発生し、人体からも水蒸気は発生します。その余分な湿気を室外に排出しなければ湿度は高まります。それによって壁内結露がおこりカビが発生しアトピーや喘息などの健康被害を及ぼしたり、腐朽菌(木材の養分を吸収し腐らせて成長していくキノコの類)が繁殖し、木(躯体)の強度を急激に低下させる要因になるのです。
高い断熱性能をフルに発揮させる気密へのこだわり
高気密
気密性は冷暖房の効率化、結露の防止、そして、埃や花粉をシャットアウトし、計画的な換気を行うための重要なポイント。
「ごきげんハウス 無垢家Style Naturaシリーズでは構造材と断熱材、気密補助材を一体化させ、高気密性サッシを二枚ガラスにし、防水・気密テープによってしっかりと施工。より高い気密性を実現しています。
耐震性

ハウスクリエイトの家づくりこだわりの設計 | 時間をかけてオンリーワンの家づくりでこだわりを実現する