愛知岐阜で本物の自然素材、無垢の木でつくる高断熱・高気密な注文住宅ならハウスクリエイト
家づくり8つのコンセプト パッシブデザイン

パッシブデザイン

自然エネルギを最大限に活用するパッシブデザイン
パッシブデザインとは、機器に依存することなく、建物の構造や材料などの工夫や建築を取り巻く外的な環境である自然エネルギー「光・風・熱」をコントロールし、快適な室内環境をつくりだす設計手法のことを言います。
住宅における省エネルギーの手法は、「建築構造による手法」と「設備機器による手法」があり、パッシブデザインは「建築構造による手法」にあたります。具体的には、外壁や扉・窓から熱の侵入を防ぐこと(断熱)と窓から侵入する日射を遮ること(日射遮蔽)などがあります。私たちは各手法をうまく取り入れることで、環境との共生を目指しています。


パッシブデザイン原理
パッシブデザインで涼しく〜

夏は、直射日光を遮ることが大切です。夏の太陽高度を考慮した軒や庇、日射遮蔽部材(カーテン、ブラインドなど)を設置し、室内への直射日光を遮ることで大幅に室内の温度上昇を抑えられます。さらに、卓越風を効果的に室内に取り込むことで、夏でも心地良い風が室内を通り抜けます。また、
冬には短時間で効率良く換気ができる風の通り道を、住まいの中につくりだします。

パッシブデザイン原理
パッシブデザインで暖かく

天気のいい冬に日差しが差し込むリビングは日中暖房がいらないほど暖かいですよね。
全国的に見ても日射量の多い和歌山ですから、極力日差しを室内に取りこみ、熱を蓄える工夫が有効です。もちろん、せっかく取り込んだ熱を逃がさないように、家全体の気密性と断熱性を高めることが前提となります。

パッシブデザインがもたらす様々な効果
パッシブデザインに取り組むということは、地球環境のためだけではありません。身近な健康面や経済面に関しても非常に効果的です。
例えばヒートショックと呼ばれる室内(主に浴室)での急激な温度差により死亡する方は、交通事故の2倍以上いると推定されています。断熱・気密性能が高いパッシブデザイン住宅では、部屋間の温度差が小さくなりますのでヒートショックの心配もありません。

さらに、冷暖房にかかるエネルギーを大幅に削減できるので、家計の負担軽減にもつながります。住宅の省エネルギー化による経済効果はもちろん、快適性や健康面でもメリットのあるパッシブデザイン。
ハウスクリエイトが積極的に取り組んでいる住まいづくりの原点です。 

プランニングの際は、省エネルギー性能報告書をおつけいたします

一棟一棟の立地、建物にあわせて算出した一次エネルギー消費量をもとに、年間の光熱費をご確認して頂けます
省エネルギー性能報告書
 本物の自然素材・無垢