愛知・岐阜で【本物の自然素材の家・無垢の家】にこだわりをもった家族の健康と幸せを考えた家づくり、本物の自然素材と無垢の木で、エネルギーロスの小さいエコで健康・安全・快適な住宅性能力が高い高断熱・高気密な注文住宅、リフォームをご提案しています。【ごきげんハウス 無垢家Style Naturaシリーズ】の【ハウスクリエイト】

新築一戸建て・注文住宅・無垢な素材でつくる】自然素材の家、無垢材の家(愛知・名古屋・岐阜)の工務店なら【ハウスクリエイト】にお任せください

家づくり7つのコンセプト耐震性
耐震設計
木造住宅は地震に弱いと言われますが、しっかりとした地盤にきちんとした方法で木を組み込んだ木造住宅はかなり強い地震でも倒れにくいのです。ハウスクリエイトは、全棟安心して永く住んでいただくため「構造計算」により、耐震性・耐久性・安全性を確保し、木造の本当の強さを実現しております。


想定している地震規模

現在全国各地で100年以上観測されていなかった大型地震が予測されており、次はどこの地域で起きるのかと不安を抱えている方も多くいらっしゃると思います。

阪神大震災で全半壊した家屋約21,000棟の95%が1981年(昭和56年)新耐震基準以前に建てられている「既存不的確建築物」だという事実。地震に対する耐震性・耐火性に関心が強くなり、地震大国の日本としては住宅には切っても切れないものになっています。

そして、自宅の崩壊で亡くなった人が、兵庫県下で87%にのぼったという事実。まさに「家に殺された」といっても過言ではありません。


構造計算は、安心して暮らせる家の絶対条件

私たちは構造計算による徹底した耐震への取組み、建築基準法を上回る徹底した検証をします。
構造計算(許容応力度計算)とは、建築物を設計する際に、地震、台風、積雪など自然の力を受けた場合に安全性を保てるかを数値で確認するものです。現行の建築基準法では、重量鉄骨造や鉄筋コンクリート造、木造3階建に構造計算が義務付けられていますが、2階建て以下の木造住宅では「壁量計算」という仕様規定を代替措置として、構造計算は特例として免除されています。

注文住宅の構造は、その使用材料箇所で構造条件は大幅に変わります。にも関わらず構造計算書をつくるところは非常に少ないのは悲しいことです。全棟オリジナルプランだからこそ、構造計算を綿密にしておかなければなりません。それはお客様が安心して暮らせる住まいを造るための絶対条件であると考えています。



安心の耐震等級3(最高等級)の仕様

住宅性能表示制度基準に基づき、1棟ごとに構造計算CADシステムで「耐震等級3」相当を設計検査。



[※耐震等級3]
数百年に一度ほど発生する地震により生じる力の1.5倍の地震力に対して倒壊崩壊しない程度。
阪神対震災クラスの地震がきても倒壊しない家ということです。

先進の金物工法+耐震金物により耐震性をより強化
金物工法 

金物工法2    金物工法3

本体とプレートの重なった部分をドリフトピンで一体化するという画期的な構造で、強力な接合を実現。あらゆる方向からの力に強靭に抵抗する仕口を得ることができます。


先進の金物工法
木造在来軸組工法のかなめである柱と梁と土台の接合部を、高い強度と精度でつなぎ耐震性や耐久性を高める高度な家づくりに欠かせない信頼の金物工法を無垢の木・無垢の梁でつくる【ごきげんハウス 無垢家Style Natura シリーズ全棟に採用しています。
環境にやさしいクロムフリー高耐食金属表面処理技術を採用。環境への配慮のみならず、特に無垢材で懸念される木酸による腐食を抑えられ、長期優良住宅や住宅性能表示の劣化等級3(おおむね75~90年)に対応します。
建物の強度をさらに高めるため、柱や筋交いをより強固に緊結する、耐震補強金物も採用し、家の骨格となる構造体を揺るぎなく接合する強度と快適な住空間を創出する自由な設計に応えます。



 制振システム
【3M™ 住宅用制震ダンパー FRダンパー 】

地震に向き合わなければいけない現在、「強い家づくり」は、もはや当たり前。地震に強い家にすることが、安心につながり、家族のしあわせにつながっていきます。
頻発している巨大地震から大切な家族を守るためには、家に十分な強さを持たせることだけではなく、建物の揺れを抑える「制振」性能を持たせること。揺れを抑え、建物の損傷を軽減させ、安全を確保させることです。私たちハウスクリエイトは、このように考えます。
そこで、新しい制振装置 制振システム【 3M™ 住宅用制震ダンパー FRダンパー】
を採用します。

制震装置

制振装置にもいろいろありますが、ほとんどのものが「家が変形したら吸収します」というものです。変形することが前提になっています。制震システム【3M™ 住宅用制震ダンパー FRダンパー 】は、それ自体が強さを持っているところが他の制振装置と大きく異なる点です。少し専門的になりますが、強さを示す壁倍率という数字が設計の中にありますが、この制振装置を設置すると、壁倍率5倍という最高倍率国土交通大臣の認定を取得しています。なによりも技術提供と監修、国土交通大臣認定取得と、技術がたいへんしっかりしています。
最大耐力は300kN以上、静的試験にて繰り返しの大変形にも壊れていません。減衰装置が、震動エネルギーを熱エネルギーに変換し、建物の揺れを吸収し、地震の際の建物の変形を軽減します。

私たちハウスクリエイトは、家を極力変形させたくないと考えますので、耐力も求めました。もちろん変形が始まったらすぐに吸収を開始するものです。地震に対して「強さと吸収の2段構えでブレーキをかける」といったら分かりやすいでしょうか。ハウスクリエイトの【ごきげんハウス 無垢家Style Naturaシリーズ耐震等級3が標準仕様となっています。さらに、制振装置を採用していきます。(アップグレードになります。)

面材耐力壁を標準採用

面材耐力壁

耐力壁とは、柱と柱の間に斜め材(筋交い)やパネルを入れ、地震時や台風時にかかる水平力に抵抗するための重要な壁です。木造建築物では、耐力壁の量が多いことや各部材が金物て正しく緊結されていることが、耐震性を高めるとされています。この耐力壁に面材を使用する事で、横方法、縦方向の地震力に耐える強い構造躯体を実現します。

水平のねじれに強い剛性床組工法

剛床工法

根太を設けず床下地を厚くして、剛床工法を採用。根太工法に比べ地震や台風時に発生する水平力に対して強く、火打ち梁を省くことができます。
従来の根太工法に比べ地震や台風時に発生する水平力に対して、水平強度に優れる、直接梁材に留め付ける床組み、剛性床組工法を採用。
下地に28mm厚の構造用床合板、15mm厚の床仕上げ木材。
合計43mmの厚さで快適性と地震への強さを発揮します。

地盤調査、地盤改良
地盤調査

地盤と基礎の強さが、家の強さを支えています。家の耐震性は、地盤の強度に左右されます。いくら頑強な構造であっても、軟弱な地盤にそのまま建てられたのでは大きな地震に耐えられません。

地盤とは地面から深さ約100mまでの部分を指し、建物の総重量を支えるだけの強度が必要です。その強度が不足していると、建物が不均一に沈み込む「不同沈下」が発生したり、地震の際に建物の倒壊を招きます。そうならないように、家を建てる前には必ず地盤調査を行い、地耐力(地盤がどの程度の重さに耐えられるか)を確認する必要があります。ちなみに、無垢スタイルでは、戸建住宅向けの地盤調査でもっとも一般的な「スウェーデン式サウンディング試験」を採用しています。


地震に強いベタ基礎工法
べた基礎

ベタ基礎とは、基礎の仕上がりだけでなく、底板一面が鉄筋コンクリートになっている基礎です。
建物全体を面で支えるため不同沈下の防止と耐震性の向上に大きな力を発揮します。




防腐・防湿の基礎パッキン工法
基礎パッキン工法

建物周辺にわたる換気スリットで床下全体をムラなく換気し、シロアリの発生を防ぎます。
また床下換気口が不要なため、コンクリート基礎の強度が安定し、耐震性もアップします。


防蟻(シロアリ)処理
防蟻(シロアリ)処理

木材の腐れやシロアリの被害から守る為には、防蟻処理をする必要があり、木造建築の寿命を長くするには忘れてはならないことです。
土壌と地盤面から1mの高さまでの木部に防蟻処理を施します。

本物の自然素材・無垢材
高断熱・高気密