愛知岐阜で本物の自然素材、無垢の木でつくる高断熱・高気密な注文住宅ならハウスクリエイト

ハウスクリエイトの家づくり9つのコンセプト|高断熱・高気密

コンセプトー高断熱・高気密

高い断熱性が生みだす快適で安全な空間
夏涼しく冬暖かい”そんな住まいの基本は断熱と気密にあります。「断熱や気密を高める」というと、“自然”“環境”“健康”とそれらのテーマと対峙するかのように思われますが、それは大きな誤解です。自然の風や光、熱を取り込み、それらを最大限に活かすには、まずは断熱気密計画がしっかりできていることが重要であり、「断熱」と「気密」は一体です。
断熱と気密を高めることは、暖冷房による消費エネルギーの削減となり、環境にも家計にも優しくなります。
ヒートショック:急激な温度変化による身体が受ける影響のことです。
ヒートショック対策

急激な温度変化による身体が受ける影響のことです。入浴中の急死の理由のほとんどが「お風呂場と脱衣室」の温度差が原因とされています。建物内の温度を24時間一定に均一にしヒートショックを抑制することが健康的な生活環境として必要不可欠になっています。
結露の正体は空気中の水蒸気
結露の防止

結露の正体は空気中の水蒸気。カビの発生やダニの生息などの温床になり、健康にも悪影響を及ぼしかねません。木は呼吸し調湿機能をもっているため、木をふんだんに使用した室内は結露が生じにくく快適な環境を保ちます。
高い断熱性は住む方の健康と、木材の乾燥保持で住宅本体の耐久性を高め、長寿命の住まいとなります。環境や健康に大いに貢献し、次世代に引き継ぐ住まいをつくることとなります。
断熱窓
屋内と屋外の狭間にある存在の、屋根・換気・外壁・床・窓。
その中でも、圧倒的に熱損率が高いのが「窓」です。
ハウスクリエイトの家では、暖房熱の最大の逃げ道である「窓」から、室内の熱を逃げにくくし快適な室内環境にするためアルミ樹脂複合サッシLow-E複層ガラスを採用しております。
断熱窓Low-Eペアガラス
Low-Eガラスの「Low-E」は、Low Emissivityのことです。「低放射」という意味で、一般的な1枚ガラスが放射率0.85程度ですが、Low-Eガラスは放射率が0.1以下になります。この放射率が低ければ低いほど赤外線を反射させ、熱を通しません。
複合ガラスとは、その名の通りガラスを二重にしたものです。
空気の熱伝導率が低いことを利用して、2枚のガラスの間に乾燥した空気を密閉し断熱性を高めたもので、結露しにくいのが特徴です。ガラスの断熱性が高ければ冷暖房の効きも良いため、省エネ効果も期待できます。

高断熱・高気密な省エネルギー仕様
断熱材には断熱性能に優れ、火と熱に強い耐火性に最も優れた断熱材
「高断熱ロックウール」、
最高クラスの断熱性能「フェノ―ルフォーム/フェノバボード」、
セルロースファイバー55k(任意)
を使用。
<UPグレード>:付加断熱工法(フェノ―ルフォーム)


フェノールホーム、ロックウール壁

高断熱フェノールフォーム(プラスチック系断熱材)
最高クラスの断熱性能「フェノ―ルフォーム/フェノバボード」
熱伝導率が空気よりも低い0.019W/m・Kである最高ランクの断熱性能の断熱材。
JIS A 9511のホルムアルデヒド放散区分で、最も放散量の小さいF☆☆☆☆等級であり、内装の面積制限を受けずに使用できます。

高断熱ロックウール(無機質繊維系断熱材)

ロックウールは、省エネ先進国の北欧で高く評価されている断熱材です。
省エネ先進国であり、寒さの厳しい北欧の国々で、スタンダードな住宅用断熱材として使われているロックウール。その断熱性能や安全性は、高く評価されています。

高断熱のヒミツは、繊維間の空気にあります。
ロックウールは、繊維間に動かない空気がいっぱい詰まっているので、熱の移動を防ぐことができます。スキーウエアがウエア内の動かない空気によって保温効果を発揮するのと似ています。優れた断熱性能で、冷暖房費の節約にも大きく貢献します。

断熱性能

水に強いので、結露にも心配が少ない丈夫な素材です。
ロックウールは、水をはじき、水分を吸いにくい特性を持っています。そのため壁体内結露などによる湿気の影響を受ける心配も少なく柱・土台の腐食や湿気を好む白アリの発生につながりにくい素材です。また、水分を吸って、自らの重みでずり落ちたりする心配がありませんので、壁の中に隠れていても、きちんと効果を発揮し続けます。

浸水試験

火と熱に強い、耐火性に最も優れた断熱材
同じ繊維系断熱材であるグラスウールと耐熱性能を比較すると、ロックウールが高性能であることが​一目瞭然です。発泡ウレタンは約500℃で燃えて焼失し、グラスウールは300~400℃の熱で厚みが減りだし600℃で断熱材の機能を失います。​ロックウールは、700℃でも厚さや性能が変化することがほとんどありません。万一の火災にさらされても、建物を火から守るには、断熱材が残り続けて建物の耐火性能を上げることが重要です。ロックウールは高温で熱せられても形状を保持します。ロックウールは、住宅用断熱材の中で最も優れた耐火・耐熱性があります。大切なマイホームと家族を火災から守るためには、ロックウール断熱材が最適です。

ロックウール耐熱性能比較

セルロースファイバー 55k(任意)

セルロースファイバー 

セルロースファイバーは、古新聞からの再生された素材なので、製造時のエネルギーが桁違いに少なく環境にやさしい断熱材です。
もともとの原料は木になります。細かな繊維が絡み合い、繊維の中にも木の細胞壁が残っているので音を伝えにくく、木質繊維特有の吸放湿性で適度な湿度を保ちます。

高い断熱性能をフルに発揮させる気密へのこだわり
気密性能の重要な働き
国が考える高気密な住宅が
必要な4つの理由

気密性が必要な理由は以下の4つと明記されています。(国土交通省の外郭団体IBEC(財団法人 建築環境・省エネルギー機構)から出版されている「住宅の改正省エネルギー基準の解説」*2)

①漏気負荷を減らし省エネルギー化と室内温度環境の快適性向上を図る
②壁体通気を抑制し、断熱性能の低下を防止する
③壁体内結露を防止する
④計画換気の性能保持

分かりやすく言い換えると、国が提唱する「気密性が必要な理由」は以下の4つです。


気密のポイント

ハウスクリエイトの注文住宅

家は素材、家は性能。ごきげんハウス
では構造材と断熱材、気密補助材を一体化させた、北海道方式の気密施工を施すことで、温かい家を確実につくってゆきます。

気密測定

換気計画
高断熱・高気密住宅には不可欠な換気計画

24時間計画換気システムを装備。
空気のよごれ、カビやダニなどの目に見えない有害な原因を取り除き、健康で安心して暮らせる住環境に。
換気が不十分な室内は、建材や家具から出るVOC(揮発性有機化合物)やほこりなどでよどみがちです。また湿気は結露やカビの原因となり、建物の耐久性にも影響を与えます。ハウスクリエイトの家は素材、家は性能。ごきげんハウス  は、一定の換気量を確保できる24時間計画換気システム(第3種換気方式ダクト型セントラル換気)を装備しています。常に新鮮な空気を取り入れ、汚れた空気を屋外に排出します。建物の大きさやプランに合わせて、一邸ごとに換気経路の設計を行うため、必要な量の空気を適切に給気・排気することができます。

第3種セントラル換気(ダクト式)
  
第1種 換気方式(セントラル換気) 全熱交換換気システム(任意) 


24時間、365日。家じゅうがきれいな空気で快適温度 
全館空調システム(任意)
全館空調システム

断熱性能は数値化できるので比較できる。
断熱性能はどの位が良いのか?また、どの住宅会社の断熱性能が良いのかを比較する方法としてどのようなものがあるのでしょうか? 要素としてはいくつかありますが、代表的なものは以下の3つになります。いずれも数値が小さいほどに高性能という意味です。
1. 外皮平均熱貫流率 UA(ユーエー)値 単位:W/m2・K
2. 熱損失係数 Q(キュー)値 単位:W/m2・K
3. 隙間相当面積 C(シー)値 単位:cm2/m2

無垢家スタイルナチュラシリーズ
             
[基本性能]
断熱性(UA値:外皮平均熱貫流率)
       〈ロックウール断熱の場合〉 

数値が低いほど、断熱(保温)性能に優れた家であるといえます。ハウスクリエイトの家は素材、家は性能。ごきげんハウスは寒冷地4地域(新潟県・長野県・山形県など)で求められる改正28年省エネルギー基準おも大きく上回る優れた断熱性があります。


Ua値表


気密性(C値:隙間相当面積)
    
〈ロックウール断熱の場合〉 

建物の床面積1m2あたりの隙間面積を表す数値。数値が低いほど、隙間が少ない気密性が高い家であるといえます。
数値が低いほど、断熱(保温)性能に優れた家であるといえます。ハウスクリエイトの家は素材、家は性能。ごきげんハウスは寒冷地4地域(新潟県・長野県・山形県など)で求められる改正28年省エネルギー基準おも大きく上回る優れた断熱性があります。


C値表

2018年度ごきげんハウス無垢家スタイルナチュラシリーズによる